八重山の文化財 (建造物)   更新 2021.05.01

 建造物、工芸品、彫刻、書跡、典籍、古文書、考古資料、歴史資料などの有形の文化的所産で、我が国にとって歴史上、芸術上、学術上価値の高いものを総称して「有形文化財」と呼んでいます。

 有形文化財のうち文化史的・学術的に特に重要なものとして、文化財保護法に基づき日本国政府(文部科学大臣)が指定した文化財が「重要文化財」です。(このうちさらに世界文化の見地から特に価値の高いものが「国宝」に指定され保護されています。)

 一方、登録有形文化財とは、文化財登録制度に基づき、「国土の歴史的景観に寄与しているもの」「造形の規範となっているもの」「再現することが容易でなもの」等に該当する建造物、土木構造物及び工作物を登録有形文化財として登録、保存するものです。 登録の基準は、原則として建設後50年を経過し、国土の歴史的景観に寄与していることなどが条件となりますが、登録された文化財は指定文化財とは異なり、事業資産や観光資源として利用したり、内部を改装して店舗に使用したりと自由に活用することができます。

 ここでは、八重山地区の建造物に関する有形文化財のうち、国が指定する「重要文化財」、国が登録する「登録有形文化財」ならびに「県指定文化財」、「石垣市指定文化財」について紹介します。


No 項 目 内容 エリア 区分 Up Date
旧宮良殿内* 琉球王朝時代の八重山の士族屋敷
 主屋、石垣、ヒンプン、東築地塀
石垣島 国指定重要文化財
2021.01.30
旧与那国家住宅* 竹富島伝統的建造物群保存地区の核となる住宅
 フーヤ(主屋)、トーラ(台所)、マイヤシ(ヒンプン)、ジージョン(屋敷の守り神)、オーシ(豚小屋付便所)、グック(石垣)
竹富島 国指定重要文化財
2021.03.13
権現堂* 沖縄における本格的な近世社寺建築の唯一の遺構
 神殿、拝殿
石垣島 国指定重要文化財
2021.03.13
旧和宇慶家墓* 沖縄地方における墳墓形式の変遷を知る好例
 墓室部、内庭部、外庭部
石垣島 国指定重要文化財
2021.03.20
入嵩西家住宅* 大規模な赤瓦屋根の伝統的農家の住宅
 主屋、マイグスク(ヒンプン)、井戸、石垣
石垣島 国登録文化財
2021.03.20
渡久山家住宅* 1925年に建築された木造平屋建、瓦葺の住宅
 フリヤー・主屋・石垣・井戸
石垣島 国登録文化財
2021.03.28
旧牧志家住宅主屋* 医院家業のために1923年に建築された八重山の代表的な建築様式の家屋
 八重山の一級建材が使われ、巧みな彫刻と釘を用いない貫木式工法の採用された家屋
石垣島 国登録文化財
2021.03.28
旧森田家住宅主屋* 八重山の伝統的な旧士族屋敷の形式を有する家屋
 イヌマキ材による赤本瓦葺寄棟造の家屋
石垣島 国登録文化財
2021.03.28
美崎御嶽* オヤケ・アカハチの乱にゆかりの、八重山で最も高い神格を持つ、航海安全を祈願する御嶽
 八重山の蔵元が管理していた公儀御嶽で、史跡と建造物の二重に県の重要文化財指定を受けた御嶽
石垣島 県指定文化財
2021.04.10
10 なごみの塔* 重要伝統的建造物群保存地区に選定された集落の赤瓦の家並みを一望することができる絶好の場所
 赤山丘にある展望塔(元は放送台)
竹富島 国登録文化財
2021.04.10
11 西桟橋* 竹富島で最初の近代的桟橋
 105.3m、幅員4.38mの石灰岩を乱積し両側面をコンクリート壁とした桟橋
竹富島 国登録文化財
2021.04.18
12 竹富島重要伝統的建造物群保存地区 竹富島の集落
 島の農村集落がよく保存されていて、高い歴史的・文化的な価値を有する
竹富島 国選定文化財
2012.10.06
13 神山家住宅* 離島の古い民家形式を知ることができる住宅
 主屋、石垣、水タンク、井戸
黒島 国登録文化財
2021.04.18
14 伊古桟橋* 島の漁業の近代化を支えた大規模な桟橋
 全長354m、幅4.3m、石造及びコンクリート造りの桟橋
黒島 国登録文化財
2021.04.24
15 大盛家住宅* 伝統的民家の形式が良好な形で残った住宅
 (ドラマ「ちゅらさん」撮影地、通称「こはぐら荘」)
 主屋、ヒンプン、井戸、石垣
小浜島 国登録文化財
2021.04.24
16 新盛家住宅* 現存する沖縄最古の木造茅葺き民家
 フクギやヒルギなど西表産の木材を用いた建物
西表島 県指定文化財
2021.04.24
17 長田家の古墓* 亀甲墓の成り立ちを解く上で大変重要な墳墓
オヤケアカハチを討伐した長田大主の墓とされる建造物
石垣島 石垣市指定文化財
2021.05.01
18 赤馬主の墓* 市の葬送や墓の様式を理解する上で貴重な建造物
八重山の代表的民謡の一つ「赤馬節」の作詞者とされる赤馬主の墓
石垣島 石垣市指定文化財
2021.05.01
19 赤イロ目宮鳥御嶽* 八重山の民間信仰、並びに御嶽の施設や伝統的な木造建築の変遷を知る上で重要な建造物
川平四嶽の一つで、豊年祭ではビッチュルと呼ばれる俵形の石を担いで境内を廻る儀式が行われます。
石垣島 石垣市指定文化財
2021.05.01
 
 Page Topへ戻る     ちょっとDeepな旅スポット に戻る     HOME へ戻る     

Copyright (c) 2008.8 yaeyama-zephyr

写真の無断転載・使用を禁じます。利用等をご希望される場合はメールでご連絡下さい。